HOME > お知らせ > 行事企画 > 2016.10.16 ブルービーフェスタ出店!

お知らせ

< 2016.09.19 だてマルシェ出店!  |  一覧へ戻る  |  熊本支援プロジェクト ブルービーフェスタの報告 >

2016.10.16 ブルービーフェスタ出店!

2016年10月16日(日)、熊本県南阿蘇村の葉祥明阿蘇美術館にてランタンのイベントを行います。
ランタンの光で熊本に支援の心を届けます。

◆手作りランタンプロジェクト LEDランタンをつくりませんか?
 福島で作られたランタンキットで熊本を応援します!

 10:00〜12:00まで、ランタンの作成ができます。(無料・先着50名様)
 出来上がったら、自分のランタンを美術館の丘に置いてください。
 日没後、ランタンの光に希望の祈りを捧げましょう!

ブルービーフェスタ_表.png
ブルービーフェスタ_裏.png

カテゴリ:

< 2016.09.19 だてマルシェ出店!  |  一覧へ戻る  |  熊本支援プロジェクト ブルービーフェスタの報告 >

同じカテゴリの記事

熊本支援プロジェクト ブルービーフェスタの報告

2016年4月に発生した熊本地震をうけて、
ビーオリーブでも熊本の皆さまのために何かできないかと考えました。
そして、熊本の方々に支援の心を届けるために、
第11回南阿蘇えほんのくに誕生祭「笑顔をとどけるブルービーフェスタ」にて
ランタン作り体験会&ランタン点灯イベントを開催することを決定しました。

20161016_01.jpg20161016_02.jpg20161016_03.jpg

同年10月16日、ビーオリーブはブルービーフェスタ会場の一つである葉祥明阿蘇高原絵本美術館にて、フェスタに参加させていただきました。
午前中からシルクメタリックデコレーションでランタンを作る体験会を行い、
延べ50人もの方にシルクメタリックデコレーションを体験していただきました。

20161016_04.jpg20161016_05.jpg20161016_06.jpg

夕暮れ頃にはランタン点灯を開始しました。
点灯するランタンは、体験会で作っていただいたものと福島の被災地から応援の気持ちを込めて贈られたランタンを使用しました。
そして、阿蘇山と自然環境への尊敬の念を込めて、
美術館の丘に「山」という文字をランタンの光で灯しました。

2016.09.19 だてマルシェ出店!

9月19日に伊達市霊山町にて行われる「だてマルシェ」の参加が決定しました!
ランタン講習会と販売を行いますので、是非お立ち寄りください!

【公式Facebook】
https://www.facebook.com/datemarche.kakeda/
だてマルシェ


「FUJISAN地球(ちだま)フェスタ"WA"2016」出店決定!

FUJISAN地球(ちだま)フェスタ”WA”2016に
ビーオリーブも出店することになりました!

大人にも子供にも大人気の
針を使わない手芸、シルクメタリックデコレーションで作るランタンキットを販売する予定です!
「FUJISAN地球(ちだま)フェスタ”WA”2016」にお越しの際は、
是非ビーオリーブのブースにも遊びに来てくださいね!

「FUJISAN地球(ちだま)フェスタ”WA”2016」
日時 平成28年7月23日(土)~24日(日) 10:00〜17:00
場所 富士山樹空の森
URL http://www.chidama.net/festa_top.html
top_slide01.jpg

2016.3.11 福島 心の復興 ランタンデザインコンテスト&展示フェスティバル

東日本大震災から5年、2016年3月11日に福島県伊達市霊山体育館にて、
福島の心の復興を祈願した「ランタンデザインコンテスト&展示フェスティバル」を開催しました。
これまでに仮設住宅などで作成されたランタンを並べ、平和を願って「天」の文字を表現しました。
平和の青い光が幻想的な光景を作り出しました。
20160311_06.png20160311_01.png
20160311_07.jpg20160311_04.png
20160311_05.png21060311_03.png

「ランタン展示フェスティバル 3.11 2016@霊山」を開催! ~福島と福島を応援する方をつないで作ってきたランタンで福島・伊達市に天の字を描く~

rantanb.pngニュースリリース
主催:復興庁・一般社団法人ビーオリーブ 「ランタン展示フェスティバル 3.11 2016@霊山」を開催!
~福島と福島を応援する方をつないで作ってきたランタンで福島・伊達市に天の字を描く~
東日本大震災から5年、福島の心の復興をめざした「ランタンプロジェクト」の集大成 ランタンデザインコンテストも開催

手芸(シルクメタリックデコレーション*1)で被災地での心のケアを目指す「一般社団法人ビーオリーブ(以降ビーオリーブと略)」(代表:小倉美奈子)は、復興庁からの採択による心の復興事業「ランタンプロジェクト」において、この1年間福島の仮設住宅や県外避難所などで作られたランタンで天の字を描く「ランタン展示フェスティバル 3.11 2016@霊山」のイベントを下記要領にて開催します。                      
                                記
<日時> 2016年3月11日(金) 15時より16時30分まで (参加費:無料)
<会場> 伊達市 霊山体育館 福島交通 「掛田駅」より徒歩5分 〒960-0801 福島県伊達市霊山町掛田字西裏17 ☎024-586-1314(霊山中央公民館)
<ホームページ> 「ランタンプロジェクト」http://www.beolive.or.jp/news/entry/post/
<Facebook> 「ビーオリーブ」https://www.facebook.com/一般社団法人ビーオリーブ-371057613017762
<問合せ>Email: beolive2012@gmail.com TEL&FAX: 044-946-3765

「ランタンプロジェクト」とその経緯:
Ⅰランタン講習会 電池式LEDランタンの周囲の部分にシルクメタリックデコレーションを促す手芸を福島と首都圏を中心とした国内20か所で開催。のべ1117人の参加者と約1100個のランタンを制作。
Ⅱランタンの展示&販売 六本木ヒルズ「福島フェス」、代々木公園「NPO大会」、東急ハンズ池袋店などにて展示販売し好評を得て、被災地の制作者に喜びが還元され購入者の繋がりが生まれました。
Ⅲランタンデザインフェスティバル 集大成として、震災5年目の3月11日に県内外に避難されている方々が、同じく住む家を失いシリアから避難している子どもたちに贈るために制作した300個のランタンで平和を願う天の字をランタンで描くイベントです。また、福島に心を寄せるアーティストの審査を経てオリジナルデザインのコンテストが開かれ優秀賞・佳作が選ばれます。(当日12時まで受付)
審査員:バルーチャ美知子氏 葉祥明氏、高岡洋介氏、苅部久美氏、湯田健一氏、小倉美奈子

(*1)シルクメタリックデコレーションにつきまして 長期療養型病院で脳梗塞後遺症の治療中の方のための手を使うリハビリを兼ねた手芸講習・針を使わない安全な手芸としてのアートセラピー講習として介護スタッフに技術移転され、実用新案を得て、高齢者の心身の機能維持・向上に用いられてきたメタリックデコレーションが、東日本大震災後被災地域の仮設住宅などで手芸講習として展開する中で福島県伊達市の特産シルクに出会い生まれた手芸。文科省の子ども文化育成事業に採択され伊達市小学校で伊達市の絵地図を手芸で制作する授業や交流館での生涯学習として婦人会に用いられるなど地域にとけこんだ草の根の手芸活動として拡がり、昨年復興庁の心の復興事業「ランタンプロジェクト」として採択される。

rantana.png
以上

このページのトップへ